ロゴ
HOME>特集>土地買取を依頼!【土地売買についての豆知識】

土地買取を依頼!【土地売買についての豆知識】

積み木

売買時に必要な事

土地を購入した目的として家を建てるためや駐車場にするためなど様々ですが、何らかの理由で目的を断念しなければならない時があります。そして何の目的も無く土地を持っていても毎年固定資産税がかかるだけです。税額は場所や広さによって違ってきますがただ所有しているだけで税金を払うお金が勿体ないですね。そこで売却という話になるのですが土地も不動産の一部ですから不動産業者に売買の依頼をしなくてはなりません。売り方は不動産業者に仲介してもらい買い手を探す方法と不動産業者に直接買い取ってもらう二つの方法があります。買い取り金額は広さや周りの環境によって違ってきますが大抵は買取してもらえます。しかし土地に面した道路が行政の基準を満たしてなく建物を建てることができない所や日照の問題などがある場合、買取が難しい場合があります。自分の土地にこれらのことが当てはまらないか下調べしておく必要はあります。

女性

自分の不動産相場を知る

自分の土地は売るとしたらどのぐらいの相場なのだと悩んでしまう地主の方は多いことでしょう。土地の場合は場所や環境に左右されるところが大きいのです。土地の相場を見る基準として「実勢価格」「路線価」「基準地価」という3種類の評価基準があります。まず実勢価格ですがこれは単純に自分の所有している土地と同じ広さがの所が同じ地域でどれぐらいの買取価格で売買されているか見るものです。現在はインターネットが主流で複数の業者が参加していることもありかなり正確な実勢価格を確認することができます。路線価は幹線道路など大きな道路に沿った土地1㎡の価格です。実勢価格で相場が見当たらない時には路線価を参考にします。ただ注意が必要で路線価は税計算のためにあるもので実勢価格と比べると4割ぐらい安い金額です。最後に基準地価ですが、これは各都道府県の調査から得られた地価指標です。これらを参考に相場を見ていきます。